トピックス

住宅用太陽光発電システムの火災事故に関する消費者庁調査報告書について

重要

いつも当社製品をお使いいただき、ありがとうございます。

平成31年1月28日に消費者庁は、
「消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書/住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」
と称する調査報告書を公表しました。

既に設置されている住宅用太陽光発電システムにおいて火災等の再発防止を求めているのは、
太陽光発電システムと屋根瓦が一体となっている設置形態のうち、野地板と太陽電池の間に鋼板等が設置されていない
「鋼板等なし型」に限定されており、当社の屋根瓦一体型製品はすべて鋼板が付帯されているので対象ではありません。
また、住宅の屋根材の上に架台を取り付けて設置する形態「屋根置き型」はすべて対象外です。

新たに設置される住宅用太陽光発電システムでは「鋼板等付帯型」について、ケーブルの発火に対する対策を講じることが示されていますが、
当社製品はすでに対策済みです。モジュールの下にケーブルを配線するスペースを設けて、ケーブルの挟み込みを防ぐ構造とし、
ケーブルの発火に対する対策を行っております。モジュールにはロック機能付きコネクタを採用し対策済みです。
パワーコンディショナには全て地絡検知機能があります。

これまで、当社製品でモジュール及びモジュールケーブルを原因とした火災は発生していないことを申し添えさせていただきます。

お客様に今後一層のご安心をいただくために、当社は住宅用太陽光発電システムの安全向上に取り組んでまいります。
当社製品の火災に対する安全対策についてはこちらをご参照ください

上記の通り、当社製品はすべて再発防止策の対象外又は対策済みであり、今後も安心してご使用いただけます。

※カネカ太陽電池モジュールの製品一覧は下記PDFをご参照ください。

●お問合せ窓口●

カネカソーラー販売株式会社

コールセンター お客様専用ダイヤル:0120-173-325

受付時間:平日 9:00~17:30、土日祝 9:00~17:00※年末年始(12/31~1/3)を除く

 

以 上